お年賀にお菓子でおしゃれな和菓子を通販で!2020年おすすめ3選

お正月に実家に帰省する際に、手ぶらだとちょっとなんですよね。
気の置けない実家だとしても、やっぱりちょっと手土産は持っていきたいところです。
そこで今回は、実家の両親や、おばあちゃん、おじいちゃんに喜んでもらえる和菓子を楽天和菓子ランキングの中から3選ご紹介します。

楽天ランキング栗きんとん栗柿詰め合わせ第1位!岐阜中津川本物の栗きんとん

栗きんとんと、柿で3500円以上するの~~~?!

って、ちょっとびっくりするんですが、自分じゃ買わないけれど、おいしい物のプレゼントって、嬉しくないですか?

私も、自分用には贅沢でチョット買えないですね…

そこをお年賀のプレゼントにすると、おしゃれな高級感のある箱に入っているし、おいしいし、実家の母は喜びます。

あえて、孫目線のクッキーや、チョコなどの洋菓子にしないで、お母さん、おばあちゃんへのプレゼントとして持っていくと、嬉しそうにしています。

正直、子供は食べません。見た目から。

食べたらとってもおいしいのですが、高級品なので、大人が食べるのがいいです(笑)

栗きんとんがなんとも言えない上品な甘さなんです。栗って、なんかと混じって食べることが多いのですが、この栗きんとんは、もう、クリ!って全面に栗です。

そのおいしい栗きんとんを、干し柿の中でも最高級品と名高い、長野県飯田産の干し柿の中に、詰め込む…

いったい誰が考えたんでしょうか?そんな贅沢なこと!

干し柿だけでももちろん、言いようのない甘みとうまみが口の中いっぱいに広がる中、そこに大波のように栗と砂糖だけの優しい甘みの栗きんとんが…

あ、もうすぐに注文したほうがいいです。

ぜひ、ご実家に持参する前に、ひと箱注文して食べてみてください。

この和菓子のプレゼントに文句言う母は、いないと思います( *´艸`)

宮内庁御用達 創業110年老舗 赤坂青野 和菓子 詰め合わせ

宮内庁御用達って言葉、そもそも喜びますよね、お母さん世代って。

ですので、取扱注意のお姑さんも、文句のつけようのない高級お取り寄せ和菓子です。

中身は、↑こちらとなっています。

おいしい物が少量入っているのが、実家へのプレゼントの選ぶポイントです。

気になる口コミをまとめました

・高齢の母に母の日のプレゼントとして購入。テレビで見たことがあったみたいで、実際に食べられるなんて!と、喜んでいました。「宮内庁御用達なんだって」というと、感動もひとしおでした。

・引き出物の一つとして注文しました。器が上品で、お菓子も少量でしたが、ご年配の方が多かったので、「宮内庁御用達」の一言でみなさん大満足のご様子でした。また頼みたいです。

・喜寿のお祝いに送りました。漆の箱がとっても気に入ったようで、お菓子入れとして今も活用中とのこと。

ご年配の方へのプレゼントとして最適です。みなさん喜んでくださっているようですね。

皇室の方への思いが、若い人とは違う方も多いので、特別感がとっても漂います。

とんねるずの食わず嫌い王受賞した、というよりも、やっぱり宮内庁御用達の一文が喜ばれているようです。

 抹茶スイーツ宇治茶 伊藤久右衛門のスイーツ詰め合わせ

とっても華やかでかわいらしい、おしゃれな和菓子詰め合わせです。

色がとってもカラフルでお正月というハレの日に愛でたい取り合わせですよね。

こちらのショップさんは、抹茶のお菓子が有名なのですが、こちらはお正月限定の和菓子セットです。

早割でお得に購入できるので、すぐにポチッておいた方がいいですよ~

だんだん後回しにしておくと、年末の忙しさに忘れてしまって、結局近所のスーパーで間に合わせのお菓子を買ってしまうことにもなりかねません。←毎年の私ですけれども。

このように、一つ一つのお菓子が、カップに入っているから、乾燥してカピカピになってしまうのを防げます。

気になる口コミはこちら

一つ一つ個包装になっているのが便利でした。一度に食べきる種類のお菓子ではないので、毎日食べるお菓子を決めて解凍して、楽しみました。

・上生菓子は、もらうとこのために準備してくれたのね、って気持ちがうれしいと母が言っていました。ちょっとお高めではあるけれど、そのぶん高級感があって喜んでもらえました。

今まで食べた中で一番おいしい練りきりでした。毎年年末のプレゼントとしてリピート確定です。

色とりどりで見ていて楽しく、食べておいしいお菓子だったと好評でした。間違いないお店なので、今後はもうこのお店の中から選べて、手間が減って助かった。

楽天市場生菓子デイリーランキング第1位を獲得したこの商品、★4.51ととても高評価です。

年末ぎりぎりまで発送してくれるショップさんとはいえ、なるべくお早めに注文しておいた方が安心ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする