メロディオンの人気商品を楽天送料無料でゲット!軽くておすすめ3選

幼稚園や保育園、小学校で必ず購入しなければいけないメロディオン。

鍵盤ハーモニカ、ピアニカ、なんて呼んだりしますね。

子供の身長に対して、重い荷物になるのが気になって(@_@)

とくに、わが家は小学校まで50分くらい歩くので、調べまくった結果、

一年生で小柄なわが子に持たせるのにぴったりなメロディオンを見つけました!

メロディオンケースが軽くて、持ち手が持ちやすい!

今回ご紹介するのはこちらです↓

最大のおすすめポイントは、

①鍵盤ハーモニカのケースが、ソフトケースでかなりの軽量化

本体のメロディオンの重さはあまり変わらないものの、カバーが樹脂性のカバーで軽い!

本体重量が565g、ケースと合わせても約800g!!

従来のプラスチックのハードケース+本体(約1400g~1500g)に比べると60%も軽くなっています。

体重が20キロ前後の子供にとっては、700gの重さの違いは大きいんですよね。

特に小学校一年生の場合には、登校だけで精いっぱいなので、できれば荷物は軽くしてあげたい親心。

なので、いろいろ検索したところ、最軽量にたどり着きました!

しかも、スズキで安心の国内有名メーカーで6年保証!

間違いないです( ´∀` )

②セミハードケースで、ふたがカタカタ言わない

メロディオンを使うときに、ケースを立てかけて、楽譜を置いたり、ホースを付け替えたりすると、ケースがカタカタ言うのが気になるんですよね。

そのカタカタ音、自宅で練習されるとホントにイライラするので、怒る回数が減って助かります。

色は二色から選べます。

うちの娘は、青が好きだからといって、ブルーを購入しました。

そして持ち手がひもなので、小1の娘は、メロディオンを肩にかけて登校してます。

③唄口をジョイント部分に差し込めて、机につかないから衛生的!

すごく細かいところなんですけれど、学校で音楽会が開かれるのが冬場で、インフルエンザやらノロやらがはやっている時期。

そうでなくても、学校は衛生的ではないですよね。

感染症にかからないように、口に入るものには気を使っています。

メロディオンの唄口(うたくちっていうんですね、はじめて知りました)を、ジョイント部分に差し込むって、画期的アイデアだと思います!(わたしだけ?)

ちなみに、上の子は、幼稚園で指定のメロディオンを購入しなければいけなかったので、↓こちらのタイプでした。

メロディオン送料無料で楽天売り上げ台数ナンバーワンはこちら!

いろがカラフルでかわいい!

こちらのタイプは、色が選べてかわいいので、女の子たちにとっても人気です♪

一番人気は、サクラ色だそう。

個性を出したいお子さんには、「虹」や、「ラベンダー」がおしゃれでおススメなんですが……

長女のときには、幼稚園で指定されていて、全員ライトブルーを購入させられました。

わが子には、ハードケースが持ちにくく、重くて、持ち手が持ちにくいと文句の嵐。

結局、袋を別に購入しました。

3年生ともなると、メロディオンと習字セットを同じ日に持っていく、そんなパターンもあるので、結局、「肩から掛けられるほうがいい!」と子供が言うので、買わざるを得ない状況となりました。

メロディオン本体と、ケースで6680円。

メロディオン本体は最初にご紹介した商品よりもお安いのですが、持ち運び袋を別にかっうことを考えると、ちょっと高い買い物ですね。

メロディオン楽天在庫ありの中での最安値はこちら Melody Merry MM-32 BLUE(ブルー あお 青) アルト

正直ね、こちらで十分だと思います(笑)

お友達でこちら持っている子がいますが、音の違いは分からない( *´艸`)

重さは約1,070g

今ならプレゼントもついてるみたい。

必要なものもすべてそろっているし、何よりお安い!!

定番のカラーも3色選べます。

さいごに

私のオススメは、子供の荷物を持つ負担を考えて最軽量でコンパクトなこちら↓

子供が、通学で落としたり、振り回したり・・・

けっこう乱暴に扱われても、安心の6年保証があるから安心です。

↓ ↓ ↓

値段で選ぶなら、こちらが最安

色や、デザインで選ぶならこちら↓

値段と、子供が気に入ったものと折り合いをつけて、楽しく演奏できるといいですね♪

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

メロディオンに、お習字セット、帽子や名札・・・

どんどん増える子供用品も、全部まとめて一か所に置けば、探し物の時間がなくなって、ママも子供もみんな幸せ♪

CHECK!>>>子供が自分で用意ができるようになる!激押しキッズチェストハンガー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする