ダンボールハウス子供用おしゃれな組み立て式インターホン付はコレ!

リビングで一人遊び。なんだか隠れ家が欲しいそうだけど、どんなものがいいのかな~と悩みませんか?

テントを買ったはいいけれど、置き場所に困ったりたたむのが面倒だったり、子供が何の仕掛けもなくてすぐ飽きちゃったり…

今回は、子供の遊び場にぴったりの楽天市場で大人気のダンボールハウスをご紹介します。

おしゃれなダンボールハウスおすすめ

ダンボールハウスの中でダントツ人気なのがこちらの、白いダンボールハウス。

窓や時計、ドアノブもついて、なんだか本格的ですよね。

いろいろな知育おもちゃの要素が入っているので、ごっこ遊びも盛り上がりそうです。

色違いもあります↓

お家にある文房具で、色を塗ったり絵をかいたりできるのでベースの色はどちらでも大丈夫そうです。

howayのキッズハウスは何が良いの?

白と茶色の段ボールハウス、2つ合わせて600を超える口コミがあります。人気の秘密はいったい何なんでしょうか?

楽しい仕掛けがいっぱいある

屋根の丸窓が開いたり、インターホンが鳴らせたり、ドアノブをまわしたり、時計のお勉強をしたり…

ただ、入って遊ぶだけじゃないから想像力が育ちます

捨てるのが楽

せっかく買ったテントハウス、子供が使わなくなったけど針金とか入ってて、捨てにくい。分解するのも面倒だし、捨てるのにお金がかかりそうで困る。

そんな心配がありません。段ボールだから、破棄するときには、紙ごみとして出せます。

色を塗ったりシールを貼ったりできる

シンプルな段ボールだから、子供の好みに合わせて色を塗るのも楽しいですね。

ぬいぐるみをくっつけたり、風船を貼り付けたりしても楽しい。

子供が何をしているか見えるから安心

どの向きにおいても、中で子供が何をしているのが保護者が見ることができるので安心です。

掃除が簡単にできるのがいい

屋根の上に取っ手がついているので、ママが簡単にヒョイッと持ち上げて掃除機をかけることができます。

ボールプールのようにそこがないので、どかすのが面倒で掃除していなかったら、はじっこにホコリがたまってて、ぞっとする・・・なんてこともありません。

段ボール組み立てハウス 実際の口コミ評判は?

大手通販の楽天市場で1000件を超える口コミ、総合評価★4.47という圧倒的な人気のプレイハウス。

実際に購入された方々の口コミ評判をご紹介します。

時々帰省する実家に購入

・ばあば、じいじでもごっこ遊びなら一緒に遊びやすいので購入。1歳半ですがレジごっこや、郵便屋さんごっこで楽しく遊べました。使わない時はクローゼットの端っこに、たたんでしまえるので便利です。

お店屋さんごっこがしやすい

カウンターや、呼び鈴、えんとつがあって、煙突からサンタさんごっこをしたり、アイスクリーム屋さんをしたり4歳の女の子が忙しそうに遊べました。

シンプルな見た目でリビングにおいても目立たない

・色を塗ったり、デコレーションは最低限にしてあまり派手にしたくないので、リビングのインテリアを損なわなくてうれしい。原色のカラーのおもちゃは置かない主義なので、ホワイトインテリアにぴったりでおしゃれ♪

お友達と一緒に遊べる

・2歳と9歳の子供が遊んでいるのですが、お友達が来ても一緒に遊べるのが楽しい。

うちの外でお客さん役をしている子供も楽しそうなので買ってよかった。

プレゼントにして喜ばれた

・お友達の5歳と、7歳の姉妹にクリスマスプレゼントとして送りましたが、とっても喜んでもらえました。実家に帰るときも、たたんで車に乗せて持って行ってるそうで、喜んでもらえてとっても嬉しいです。

子供が雑に扱っても壊れない

・段ボールなので耐久性が心配でしたが、3歳の子供がバンバン戸を閉めても、壊れません。

たまに外れてもすぐに直せるのでよかったです。

折りたためば、軽自動車にも入るサイズなので、お友達とのホームパーティなどに持参したら大盛り上がりになりそう★

ただ、間違ったところに折り目を付けるとクセがついてしまうそうなので、注意が必要です。

デコレーションするのも楽しいですね♪

 さいごに

子供の成長はあっという間なので、必要なくなったらさっと捨てられるのもいいですね。

捨てると決めたら、公園に行くときにもっていったり、庭やベランダに出したら、また新鮮な気持ちで遊べるかもしれませんね( *´艸`)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

お誕生日にクリスマス、進学祝いに子供の日、なにかとおもちゃを購入する機会が多いですよね~

3歳にぴったりのレゴのプレゼントを調査しました。

↓ ↓ ↓

CHECK ! >>>レゴ3歳の男の子向けのクリスマスプレゼントは小さいの大きいのどっちがオススメ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする