子供と公園にいくときの荷物Listあると便利な持ち物とおすすめバッグ

子供と公園に行くときは、なにかと荷物が多くなりますよね。

1日めいいっぱい広い公園で遊びつくすためには事前準備が大事です!

持ち物チェックリストを参考に、しっかり準備してたのしくすごしましょう~♪

子供と公園に行くときの持ち物、荷物リスト

我が家の場合は、3歳、7歳、10歳の3人と、親二人で用意します。

・着替え(パンツ・下着・Tシャツ)×3歳用、7歳10歳兼用で、1セット

・帽子、虫よけ

・レジジャーシート

・お弁当

・お菓子

⇒屋台などで高くて不衛生なものを食べさすくらいだったら持参したほうがずっといい。ゼリーやグミを凍らせておくと、保冷材の役目も果たす

・氷をいっぱいに入れた水筒

・ペットボトルの麦茶

⇒高い公園のペットボトルを買うのが嫌い。すぐに飲み切って結局5本くらい買うことになるので、2Lの麦茶持参。

・ビニール袋

⇒どんぐり拾ったり、水を入れて遊んだり、空気を入れて飛ばしたり、用途いろいろ。もちろんゴミ袋や、汚れ物を入れるにも役立つ

・空いた粉洗剤のスプーンや、お子様セットでもらった車などのおもちゃ、マヨネーズなどの空き容器

⇒砂場で遊んだり、じゃぶじゃぶ池で流して遊んだりできる。なくしても悔いはないし、遊び終わったらごみとして捨てられて一石二鳥。

これだけのものを毎回持っています。

書き出してみると、けっこう多いですね…

そして、広い公園だと、場所をどんどん移動しながら遊んでいきますので、のんびりレジャーシートを広げっぱなし、というわけにはいきません。

まだ、3歳の子がいるので、こちらは親がつきっきりです。

7歳&10歳は、

・絶対に一人にならない

・いつでもならず、トイレも必ず2人で行動する

と約束させて、公園内は自由に動き回っていいことにしています。

そうなってくると、休日しか一緒にいないパパを当然下の子担当に配置するので、ママである私が、すべての荷物を持ち歩かなければいけないことに…

いままで、買い物バッグを使っていたのですが、かなり重い…

こちらのタイプに、何もかも入れて運んでいました。

保冷バッグだし、大きいから、全部まとめられるのはいいんだけど、広い公園を歩き回るのに、水筒や着替えが何気に重くて、ツラくなってました。

公園あると便利なバッグ

一番下の子も、3歳なので、ベビーカーを持ち歩くと歩かなくなっちゃうのが嫌で、なるべく持ち歩きたくない。

遊びに来ているので、なるべく歩かせて、いっぱい運動させてたいと考えちゃうので…

でも、荷物は重いからカートが欲しい。

とはいえ、一般的なこちらのタイプ

ここまで荷物は多くないし、これを買っちゃうと、上の子たちまで乗りたがって余計に面倒。

いいお天気の日に、日陰のベンチに座れないと、私(ママ)疲れちゃうし、日に焼けちゃうし、お弁当も悪くなりそうだし…

そんな時にぴったりのもの、見つけました!

保冷バッグ付き、折りたたみいす付きのキャリーバッグです

正直ね、座れるキャリーバッグというと、氷川きよしさんのコンサートに行くおばあちゃんの持ち物的な、イメージがあったんですけれども( ´∀` )

こちらは違う!!!

多機能で、カラバリも豊富で、なにかと荷物の多い、公園が良いママにもピッタリなんです。

・保冷機能バッグでお弁当も安心して運べる

・ゴミや汚れた洋服をビニール袋に入れてかけておけるフック付き

・ペットボトルホルダー付き

・疲れたときに、荷物はそのままでちょっと座れる椅子付き

と、至れり尽くせりなバッグです。

詳細はこちらをぜひご覧くださいませ。

↓ ↓ ↓ ↓

CHECK ! >>>ショッピングカート保冷バッグ付き折りたたみできる椅子付きおすすめ

運動会や、試合観戦でも活躍するこちらのバッグ、もっと早く知りたかった。

これだったら、木陰にもっていって、走り回るわが子と夫を見ながら、自分だけ座って休憩できますね♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする